So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

◇アトリエ凛(凜)◇潮風の帰路 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/潮風の帰路



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    潮風の帰路



コメント

空が暁色から薄暗くなり夜を迎えるとき、浜辺に打ち上げられた小舟は、まるで長旅の終わりに羽を休め、至福のひとときを感じている旅人のようです。その姿に私たちは、日常生活の忙しさや窮屈さからふと解き放たれ、とても穏やかな気持ちを取り戻すことができます。目を閉じると、ただ潮のざわめきが聞こえてくるようです。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)株式会社アトリエ凜






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇甘いひととき [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/甘いひととき



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    甘いひととき



コメント

 降り注ぐ昼の光の中に佇むヴェニスの街は、やがて夜を迎えようとしています。そこに漂うやわらかな空気は、どこか幻想的で心安らぐひとときを与えてくれます。温かみのある色調を繊細に表現し、そこにある可憐かつ豪華な建造物が、控えめながらしっかりと存在感あるものになっています。まるで映画のワンシーンを目の前で見ている様な、そんな気持ちにさせてくれる一枚なのです。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇ 夕暮れのソナタ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/夕暮れのソナタ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    夕暮れのソナタ



コメント

夕暮れ時に水辺に佇むイタリアの街の風景は、この上なく魅力的で、水辺を飛び交う鳥たちは、その素晴らしい景色にロマンチックなエッセンスを加えています。どこからともなく響き渡る鳥たちの鳴き声は、ソナタの奏でにも聞こえてきます。風景の中に存在する感動的な“美しさのハーモニー”を改めて実感させられました。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇夕暮れの灯 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/夕暮れの灯



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    夕暮れの灯



コメント

ブルターニュ地方の小さな港を描いたものです。灯台は陸へ近づく船へ光を投げかけ、海を渡るものにとっては必要不可欠な存在です。深い青色を映す海と、桃色に染める夕暮れのコントラストの美しい情景に駆り立てられ、この作品を描きました。遠くに見える地平線に異国への旅が交差する感慨深い風景です。



アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇野生の楽園 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちは魁画廊です。

今日魁画廊がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/野生の楽園



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    野生の楽園



コメント

生い茂った熱帯林、あらゆる植物に見受けられる激しいまでの自然のたくましさ、森を形作る生命力、みずみずしい緑は永遠に続くかのような風景です。このような場所で聞こえる緑のざわめきや、蒸し暑い空気に漂う草木の匂いはとても神秘的で、今でも思い出されます。緑の楽園に覆われた、ひっそりと建つ、小さくて儚いふたつの小屋は、包み込むような大地に棲むちっぽけな人間の存在を私に思い知らすのです。



魁画廊 イレーヌ・メイヤー をYahoo! で探す


(C)魁画廊








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇眠らない街 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!


ミッシェル・バテュ/眠らない街



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    眠らない街



コメント

テーマは夜景に浮かぶニューヨーク。何年か前になりますが、アートエキスポNYでニューヨークに行った際、船でこの街を周遊しました。その雄大な景色が今でも闡明に記憶に残っています自然とは対立しあう中にありながらも人類によるこれほど素晴らしい想像を目の前にすると、私はいつも心を揺さぶられます。ニューヨークは巨大な沼地を埋めたてて築き上げられたと聞きました。人々の努力の結晶をこの街の美しさに伺い知ることが出来ます。これは人間の知性、勇気、想像力、才能なしに語ることは出来ません。大都市を訪れるたびにこの感動を味わいます。ニューヨークはとても強く、華麗、優美でありながらも、どこかしら脆さを持った貴婦人のように思えます。この地は私の人生に深く根付いている地であり、もし私がアメリカ人であれば他でもなく、ニューヨークで暮らしたいと思います。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミッシェル・バテュ/金の砂◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/金の砂



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    金の砂



コメント

この作品は、ドミニカ共和国の首都、サントドミンゴへの旅行から帰ってきて 制作したものです。美しい海が果てしなく広がり、背の高いココヤシの木が、 風に吹かれて揺れています。家々はとても小さくて、鮮やかな色をしています。 ぽつんと建つ小屋のように見えがちですが、私にインスピレーションを与えたのは孤独を感じさせないような生命力溢れる明るいその姿でした。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)株式会社アトリエ凛





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇そよ風の音色 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/そよ風の音色



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    そよ風の音色



コメント

2002年の11月、友人のアーティストが開設した文化センターのオープニングパーティーに出席するためインドに旅行した際の作品です。訪れた街のひとつ、プシュカール(PUSHKAR)は湖のほとりにあるとても神聖な街で、青と白に彩られていました。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇ミッシェル・バテュ/目覚めるとき [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちは魁画廊です。

今日魁画廊がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/目覚めるとき



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    目覚めるとき



コメント

インドとは私にとってバラ色の国であり、雑踏と喧騒、ノイズ、褐色の肌の人々、宗教、様々な色に彩られたサリーに身をつつむ女性たちが混沌とした世界です。 日の出はとても美しく、ついこの間、ファティプル(インド北部)にある友人の画家の宮殿を訪れた時も、私を取り囲む全てを染めていく朝日の美しさに圧倒されました。 インドの建造物やモスク(イスラム教の寺院)の輪郭が、これから昇りはじめる太陽によって地平線にくっきりと浮かび上がってみえます。 インドという国は、ニューヨークや他のたくさんの地域と並んでアーティストにとって永遠のテーマです。旅行に対する私の強い欲望は未だ尽きることがありません。なぜなら世界には、発見すべき素晴らしいものがまだまだ私を待っているのですから。




魁画廊 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)魁画廊






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇冬のプロムナード [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/冬のプロムナード



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    冬のプロムナード



コメント

私の故郷、フランス北部のパ・ド・カレ地方にある村を描きました。中間色の繊細さと淡さによって、凍てつくような寒さ、静寂、冬の感覚を表現したいと思いました。冷気につつまれた自然の中ではすべてが純粋で静けさが漂っています。雪がまるで白いマントように景色を覆います。これは季節の自然なサイクルであると同時に、私たちを取り巻く環境の中に起こる新鮮な変化なのです。そしてその中には素晴らしく不思議で、穏やかで、平和で心が癒されるような今よりももっと輝いた未来への望みさえ含まれているような気がします。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。