So-net無料ブログ作成

エンドレスサマー◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!


ミッシェル・バテュ/エンドレスサマー



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    エンドレスサマー



コメント

モーリシャスの島(マダガスカル島東方の島国)の素晴らしい場所。海水は透明で砂浜は真っ白です。いつも私を喜ばせてくれるのは、溢れるほどの青と透明な青とのおもしろいコントラストです。海はライトブルーから徐々に色が薄らぎ、水平線はプロセインブルーくらいに濃く、空はセルリアンブルー(紺碧色)とウルトラマリンブルー(群青色)を用いています。海に浮かぶ船は人の存在を示しています。バカンス、暑さ、くつろぎ、安らぎ、穏やかさ、清澄さの雰囲気を味わっていただきたいと思います。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜

ノートルダムドパリ◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/ノートルダムドパリ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    ノートルダムドパリ



コメント

週に何度か車でパリのノートルダムの前を通りますが、そのたびごとに何か貴重な感情の衝撃を感じます。この建築物は何よりも純粋で、伝統を伝え、また繊細で上品な 美しさをたずさえ、ライトアップされると本当に素晴らしいのです。 秋になると照明がオークル色になり、黄色と赤茶色の濃淡の移り行きにすっかり魅了されてしまいました。ノートルダムドパリがまるで茶褐色の衣装を身にまとったかのようでした。私は家に戻るやいなや、この大いなる美しさを前に感じ取った興奮を表現したいがために絵を描く衝動に駆られました。ある秋の日にパリのシンボルであるノートルダムが与えた感動です。



アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛





ミッシェル・バテュ/春の訪れ◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/春の訪れ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    春の訪れ



コメント

我が家の近くのノルマンディー地方の田舎に、とても手入れの行き届いた、友人の馬飼育場があり、私はよくこの場所に赴きます。この鉄柵で囲まれた放牧場を散歩するのが大好きです。というのは、この18世紀の鉄柵はとても見事でちょっと放っておかれている状態が余計に魅力を感じさせるからです。この柵が絵のテーマともなる上品さと、木々や植物は春のように淡い色合いで、そして鉄柵は少し厳格な雰囲気を漂わせるために、まるで筆跡のように仕上げました。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛






バリの日没◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/バリの日没



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    バリの日没



コメント

バリ島を旅行した時、私は日没を見るために毎晩海岸に出向きました。その景観は 実に素晴らしく、ホテルを取り巻く森はシルエットを帯びて、魅力的でした。見事な夕焼け空を眺められる幾つかの小屋がいつも水辺にありました。鵜の鳴き声だけが、 たまにそこにこの静けさをかき消しますが、美しく、そして癒される景色がそこにはあります。この浅い海で私たちは毎晩驚嘆し、鏡のように穏やかな水にはバラ色、すみれ色の空が映っていました。夜の静けさが広がる前の心地よいひととき。この空の色を描くことが私にとって本当に幸せなことなのです。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)株式会社アトリエ凛






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。