So-net無料ブログ作成

◇アトリエ凛(凜)◇アフリカンパーティー [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/アフリカンパーティー



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    アフリカンパーティー



コメント

灼熱の太陽。オレンジから赤へと色調が変わることによって、うだるような暑い雰囲気を醸し出しています。逆光に映し出されたヤシの木とわらぶき小屋のシルエットを見ていると、先住民族たちが奏でるタムタム(打楽器)の音に混じった、熱帯地方の熱い鼓動が聞こえてくるようです。アフリカやどこか遠い島の世界の果ての景色はいつの時も魅力的です。



(C)アトリエ凛

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

夕日に映える菩提樹◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/夕日に映える菩提樹



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    夕日に映える菩提樹



コメント

インドネシアのウブドという小さな町の中心部に「Lotus cafe(ハスのカフェ)」という名の贅沢に装飾されたお寺があります。客人はこの特別に旧い木のもとで地面に座って夕食を取るのです。根はまるで雨のように地中に入り込み、赤々と燃えた夕陽の色の中でこの木はより一層堂々とした存在感を感じさせます。青色はいつもオレンジや赤色とおもしろいコントラストを醸し出します。これらの色調によって1日の終わりが示すような暑さと美しさと強さを表現しようと努力しました。




魁画廊 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミッシェル・バテュ/ささやかな幸せ◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/ささやかな幸せ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    ささやかな幸せ



コメント

タンザニアなどアフリカの国々を旅行した際、間近にピンクフラミンゴの群れを見つけました。フラミンゴが灰色に帯びた景色をピンク色に変えてしまうのです。うっとりと見とれながら長い時間が経った後、たくさんの小さなデッサンをして、 それから望遠カメラで何枚もの写真を撮りました。フラミンゴはとても上品で、 長くて細い脚は、か弱さと美しさという2つの印象を同時に与えてくれます。 黄昏時になるとフラミンゴたちは逆光を受けつつ姿を現し、その情景はとても美しく、疲れを癒してくれます。自然とはそもそも素朴でありながら安らぎを 与える状況を意味するのだと思います。 訪れる度に私を魅了するアフリカは、私にとっては「赤みを帯びて輝く国」。 もちろん色的にもそうですが、うだるような暑い灼熱のせいでもあるしょう。 空はいつも信じられないほど美しく、そこに生息する動物たちもたくましく、 魅力は尽きることがありません。



アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フォーシーズン冬 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!


ミッシェル・バテュ/フォーシーズン冬



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    フォーシーズン冬



コメント

まるで何かを待ち構えているかのようにひっそりとしたまま、動きも色合いもない、 寒くて過酷な冬ですが、雪が降ると、同じ景色が全く違って見えてきます。まるで素敵な白い毛皮の服をまとい、おめかししているようです。地平線は遠慮がちな太陽の光によってピンク色に染まり、白一色の世界に唯一の色彩を与えています。





アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)株式会社アトリエ凜





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミッシェル・バテュ/フォーシーズン秋◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/フォーシーズン秋



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    フォーシーズン秋



コメント

私の一番好きな季節であり、赤・黄色。オークル・茶色・紫などの色彩が魅惑的にもつれ合う秋は、画家として見ても魅力的な季節です。夏の激しさが過ぎ去り、全てが柔らかく感じられ、心身共にリフレッシュします。特に黄金色に輝くいちょう並木は最も秋を感じる眺めです。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜






タグ:アトリエ凛
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フォーシーズン夏◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!


ミッシェル・バテュ/フォーシーズン夏



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    フォーシーズン夏



コメント

暑さと色彩の頂点である季節の夏は、激しく輝く太陽が人々を陽気にさせます。 木々の緑は一層深みを増し、外へ出て暑さを肌で感じなくても、強い光と色で季節を 感じることができます。木々と太陽が作り出す木陰と木洩れ日の中を散歩するのが、 私のお気に入りの夏の過ごし方です。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミッシェル・バテュ/フォーシーズン春◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/フォーシーズン春



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    フォーシーズン春



コメント

寒い冬が過ぎ、気温が暖かくなりはじめ、太陽も姿を現す頃、自然は目覚め、優美な色調が溢れ出します。まるで全てが息を吹き返したような世界が広がります。その中でも、花を満開に咲かせた桜を見たときの感動は、今も強く心に残っています。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す



(C)株式会社アトリエ凜





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◇アトリエ凛(凜)◇美しき夏の思い出 [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/美しき夏の思い出



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    美しき夏の思い出



コメント

世界の果ての景色。広々とした空を少しやわらげるようなヤシの木のデザインです。 全てからかけ離れた場所とも呼べるでしょう。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エンドレスサマー◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!


ミッシェル・バテュ/エンドレスサマー



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    エンドレスサマー



コメント

モーリシャスの島(マダガスカル島東方の島国)の素晴らしい場所。海水は透明で砂浜は真っ白です。いつも私を喜ばせてくれるのは、溢れるほどの青と透明な青とのおもしろいコントラストです。海はライトブルーから徐々に色が薄らぎ、水平線はプロセインブルーくらいに濃く、空はセルリアンブルー(紺碧色)とウルトラマリンブルー(群青色)を用いています。海に浮かぶ船は人の存在を示しています。バカンス、暑さ、くつろぎ、安らぎ、穏やかさ、清澄さの雰囲気を味わっていただきたいと思います。




アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凜

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ノートルダムドパリ◇アトリエ凛(凜)◇ [【アトリエ凜(凛)】ミッシェル・バテュ]

こんにちはアトリエ凛(凜)です。

今日アトリエ凛(凜)がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/ノートルダムドパリ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    ノートルダムドパリ



コメント

週に何度か車でパリのノートルダムの前を通りますが、そのたびごとに何か貴重な感情の衝撃を感じます。この建築物は何よりも純粋で、伝統を伝え、また繊細で上品な 美しさをたずさえ、ライトアップされると本当に素晴らしいのです。 秋になると照明がオークル色になり、黄色と赤茶色の濃淡の移り行きにすっかり魅了されてしまいました。ノートルダムドパリがまるで茶褐色の衣装を身にまとったかのようでした。私は家に戻るやいなや、この大いなる美しさを前に感じ取った興奮を表現したいがために絵を描く衝動に駆られました。ある秋の日にパリのシンボルであるノートルダムが与えた感動です。



アトリエ凜 ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)アトリエ凛





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。